老眼になっていないかチェックしよう|若い人でも罹る可能性がある

ニュース一覧

本を読む人

症状から判断することも

自分が老眼であるかどうかは症状から調べる方法もあります。物が見えづらいだけではなく、暗いと見えにくかったり近くが見えにくいと老眼である可能性があります。また、口コミでも話題となっている方法として近点チェックがあります。近点チェックを行って30センチ以上であれば老眼である可能性が高くなります。

文字が見づらいと思ったら

メガネ

確認する方法

老眼と言うと、名称から高齢者がかかる病気というイメージがあります。実際は、若い人でも老眼と似たような症状になる場合があるようです。老眼は、歳を取れば誰でもかかる目の老化現象です。老眼の症状ですが、近くの文字が読みづらく、遠くの物から近くの物へ、または近くの物から遠くの物へピントを合わせにくくなるというものです。一般的には、40歳ぐらいから老眼になると言われていますが、スマホなどで目の近くで細かい文字を見すぎていたりすると、若くても老眼になることがあるようです。インターネットを利用して、老眼のチェックができます。チェック方法ですが、以下の状態に当てはまる場合は、老眼になっている可能性があります。本を読むときに、本から目を離さないと読みにくい。特に小さな文字が読みにくくなった。近くの物を見たときに疲れる。スマホなどで細かい文字を見た後で、頭痛や肩こりがする。メールを打つときに、よく打ち間違いをする。近くを見るときに、目を細めて見るようになった。暗い場所で目がかすむことがある。これらの症状が出ている場合は、老眼になっている可能性がありますから、眼科でチェックしてもらってください。文字をハッキリ見るためには、近視や乱視の人と同じように、老眼鏡をかける必要があるでしょう。放置しておくと、ますます文字が見づらくなります。眼科に行く前に、症状が気になる方は、インターネットを利用してチェックしてみましょう。

メガネ

自分で簡単に調べる方法

老眼は老化現象の一つであり、深刻な病気ではありません。見えにくさを感じたら老眼チェックを行い、自分の物の見え方を調べチェックして見る事が大切です。また、チェックの際、老眼以外の疾患の可能性がある事と、近視や乱視では正確な結果が出ない事があるので注意が必要です。

メガネ

近点をテストしよう

老眼のチェックは人差し指を使った近点チェックというテストで簡単に確かめることができます。より正確に確かめるには眼科や眼鏡屋などで検査してもらうのがおすすめです。そうすることで他の病気がないかも検査できます。

女性

自分で行う調べ方

自分が老眼かどうかを自分で簡単にチェックするには、眼の前に人差し指を置いて徐々に距離を離していって、指紋にしっかりとピントがあう最も近い距離を測ってみてください。その距離が20cm以上あれば老眼が疑われ、30cm以上あれば老眼鏡を使う必要があります。

男性

眼の老化を食い止める方法

老眼チェックをすると個人でも老眼が進んでいるかを確認することができます。老眼にならないためには抗酸化力の強い成分を食事やサプリメントを使って摂取し、トレーニングをすることによって予防することができます。

Copyright© 2018 老眼になっていないかチェックしよう|若い人でも罹る可能性がある All Rights Reserved.