老眼になっていないかチェックしよう|若い人でも罹る可能性がある

ニュース一覧

自分で簡単に調べる方法

メガネ

2つの調べ方

正確な眼の視力を測るには眼科が必要ですが、簡単な老眼チェックであれば自分で行う事ができます。簡単に出来る老眼チェックは大きく分けて2つあります。「近点チェック法」指の指紋を自分に向け鼻の前におき、徐々に指を遠ざけて行きます。その際、指紋にぴったりピントが合った場所を近点と言いいますが、その距離が30cm以上離れていたら老眼である可能性が高くなります。近点の目安になるのは30歳で14cm、40歳で20cm、45歳で40cmの距離ですが、60歳を超えると100cmを超えてもピントが合わない方が増えてきます。近点チェックは簡単に出来る方法なので、視力が落ちたと感じたら試してほしいチェック法です。「日頃の行動からみるチェック法」チェックリストを基に自分の当てはまるものを調べる方法です。、長時間目を酷使すると頭痛や吐き気がする、肩こりを起こしやすい、小さな文字が読みにくい、本や新聞を読む際、すこし遠ざけないと読みにくい、小さな文字などを見る時、眉間に力が入る、夕方になると見えにくくなる、薬のラベルなどが見えない、手芸などの細かい作業を遠ざけるようになった、数字の打ち間違いが多くなった以上の様な症状が2つ以上当てはまる点がある場合、すでに老眼が進んでいると考えられます。この様に老眼チェックの方法は簡単で、近点チェックと日頃の行動で調べる事が出来ます。老眼を認めたくない方もいますが、放置しても見えにくさは解消できないので、出来るだけ早く対処する事が大切です。

Copyright© 2018 老眼になっていないかチェックしよう|若い人でも罹る可能性がある All Rights Reserved.