老眼になっていないかチェックしよう|若い人でも罹る可能性がある

ニュース一覧

近点をテストしよう

メガネ

調べる方法

老眼は誰でもなる老化現象です。早いか遅いかという差はあっても、ならない人はいません。スマホやパソコンの使用が一般化した現代では、むしろ発症が早まる傾向にあります。老眼になるのは40〜50代頃というのが一般的でしたが、近年は30代頃でスマホ老眼という新しいタイプの不調を発症する人も増えています。老眼になっているかどうかは簡単にチェックすることができます。日頃の生活で小さい文字が見えなくなったと感じたらそれが老眼の兆しともいえますが、一時的な疲れや不調である可能性も否定できません。正確にチェックするには近点チェックがおすすめです。近点チェックとは、どこでピントが合うかを調べるチェック方法のことです。人差し指を目の前にかざし、徐々に遠ざけていきます。どこでピントがあったかを見て、その長さでどのような状態かをはかります。遠視傾向になるのが通常なので、ピントが遠いほど老眼気味ということになります。より正確に確かめるには眼鏡屋や眼科で確かめてもらうのが確実でしょう。調節機能にトラブルがあるということは他の病気が隠れている可能性もあるので、一定の年齢になったらきちんと調べてもらうのがおすすめです。緑内障などは自覚症状がないので検査しなければわかりません。そういった意味でも一度検査するとよいでしょう。また検査すればより最適な眼鏡も選びやすくなります。リーディンググラスや老眼鏡を使うことで老眼の進行は抑えられます。

Copyright© 2018 老眼になっていないかチェックしよう|若い人でも罹る可能性がある All Rights Reserved.